BLOG

モヤモヤが教えてくれること①

みなさん、こんにちは。

最近、仕事もあそびも予定を詰めすぎて、

ついにダウンー!

 

しかも、なんとなくこの2週間ばかり、

気持ち的にもモヤモヤしていました。

 

予定を詰め込んでいたので、

自分に向き合う時間も取らず、

束の間の休息を大切にしていました。

 

しかーし、

やはり、自分との会話時間を取らないとダメですねー。

 

このダウンした合間に、

せっかくいただいた、向き合いの時間を

大切にしようと、犬の散歩中に、

海のベンチで、ノート片手に(怪しいw)

向き合いました。

 

直近にあった、嫌なことを思い浮かべて、

本当はどう感じたのかを書き出します。

 

すると、最近でも、何回も同じ気持ちになっていたことが、

たくさん出てきました。

 

ほとんどの本当の気持ちはこれでした。

 

『間違えていたとしても、なんとか自分で解決しようと

頑張っているのに、分かってもらえなくて、悲しい。』

 

ほとんどが、コレでした。

 

そっか、私は悲しかったんだな。

 

『そりゃそうさ、分かってもらえなくて悲しかったよね。』

 

と私に話しかけます。

※この時、完全に100パーセント自分の味方をすることがポイント!

 

そして、『いつから分かってもらえなくて悲しいのー?』

 

と私に問いかけます。

 

すると、また沢山の記憶がでてきました。

 

小学生の頃、家の鍵を忘れてしまい、(鍵っ子だった)

友達と、ヘアピンで開けようとして、

※テレビ見過ぎw

開かなくて、ヘアピンの先の黒い丸くなってる部分が、

鍵の奥に残ってしまい、

逆に鍵が入らなくなってしまって、

父にゲンコツされながら友達の前で

怒鳴られた記憶。

※父の気持ちもわかるけどねw

 

台所で、ごはんを作っている母を横目でチラチラ見ながら

 

宿題を終わらせようとひっしな小学生の私。

 

始めて、女の子の日を迎えた時、

口に出すことが恥ずかしすぎて、

トイレで泣きながら母に見せたこと。

 

いろいろでてきました。

 

そっか、、、

『たくさんたくさん悲しかったんだねぇ。』

 

そこから、この悲しみを自分で癒していくと、

また新たなことが、判明したのです。

 

続く、、

 

 

関連記事一覧

最新の記事