BLOG

ネガティブな感情も大切な一部

みなさん、こんにちは!

今日は、綺麗に赤く紅葉した
大きな木の下からお届けします。

私ね、今思えば、
寂しいという感情を
感じたことなかったんです。

寂しいってどゆこと?

だから、
一人暮らしで寂しくないの?

とか、
彼氏いなくて寂しくないの?

と聞かれると、
は?
何言ってんの?

と思ってました。
ちょっとイラッとしてました笑

その、イラッをもう少し追求すれば、
もっと早く気づいていたかもしれないですが、

ずいぶん小さい頃から、
寂しいを感じてなかったように
思います。

例えばこんなことがありました。

中学の頃だったかな、
友人同士の間で、
ヒマな時間があることを
『私、ヒマ人』と言ってたんですね。

でも、その『ヒマ人』。
本当はすっごい嫌でした。

なんで嫌なのかその時は分からず、
あ、うん、ヒマ人だよー。-無-

と言ってたと思います。

または、こんなこともありました。

社会人になっての、土日。
(会社員だったので土日休み)

友達と電話していて、
『今日、どこも行かないの?』

この質問もすっごい嫌でした笑
『あ、うん。』-無-

みたいな感じで答えていたと思います。

さて、私は何が嫌だったのでしょう?

休日は予定で埋めていないといけない。
ヒマな時間なんてあってはいけない。

あぁ、忙しい忙しいと、
してないといけなかった。

本当はヒマでいいし、休日に予定なくても
良いですよね?

そして、相手も、

あなたヒマなの?

何にも予定ないの?え?大丈夫?

孤独なの?

一人なの?

寂しいの?

とは、誰も聞いてないんですよね。

でも、その時の私には、
ヒマ人=誰にも愛されてない人
予定ない=誰からも必要とされてない人

くらいの破壊力がありました。

ただ、ゆっくり電話できるかな?
遊びたいから誘っていいかな?

と思ってるだけだったりしたんだと思います。

本当は本当は、
私、小さい頃からずっと寂しかった。

寂しいことを気づきたくない。
寂しいんだと周りに思われたくない。

だから、感じないように閉じ込めて、

-無-

を作りだしました。

今は、小さい頃からの自分の寂しさも
受け入れたので、

寂しい

と感じることができます。

ネガティブな感情も、
人間に備わった、
必要な感情です。

悲しくても
寂しくても
怖くても

いいんです。

ネガティブな感情も私の大切な一部。

楽しいことで、上書きしようとしても、
大切な一部だから、
上書きできないんです。

気づいて!ちゃんと感じて!
と大切な一部が言っています。

もし、これを読んでくれているあなたにも、
置き去りにしたネガティブな感情があったとしたら、

悲しい
寂しい
怖い

のどれだと思いますか?

あなたの大切な一部に
気づいてあげてくださいね。^ ^

そして、最後に、
私は寂しい時があるので、

たまには連絡くださいね^_^

今日もありがとうございます。

関連記事一覧

最新の記事