BLOG

愚痴を聞くのは優しさではない!?

皆さまこんばんは。

メンタルコーチの守田です。

先日も少し触れましたが、

私の育った環境は、とても家族みんな仲良し❤️

とは、程遠い環境でした。

メンタルコーチングを学んだ今となっては、

誰も悪くないことは分かるんですが、

それまではとにかく、

そんな環境なことが嫌でした。

父は典型的な九州男子、しかも団塊の世代、

母も同じく九州女子、団塊の世代、

まだまだ男尊女卑な時代です。

男は外で働き、女が家事育児をするのが当たり前。

でも、うちは共働きでした。

もちろん同じ環境でも、仲良くやっていた家族もあったでしょう。

でも、幼い私の記憶では、

父は毎日怒っていて怖かった。

父が帰って来たときのドアが開く瞬間の

あの、緊張感が張り詰めた空気たるや!

同じ気持ちになったことのある人も

多いのはないでしょうか。

そんな中で私はスクスク成長するのですが、

小学生の頃くらいから、母の愚痴を聞く相手となるんですね。

仕事の愚痴、父の愚痴、生まれ育った環境への愚痴、生まれた時代の愚痴、のエンドレスを

ずっとずっと聞いてきました。

それをしないと、

母がかわいそうと思ったんです。

愚痴を聞くことこそが、

母を救う唯一の方法と思ったんです。

そこから、愚痴を聞く=優しさ だと思い込んだ私は、

自分も愚痴を言うようになり、

愚痴を聞いてくれる人が私のことを大切にしてくれている。

と、無意識に思うようになっていきます。

そしてもちろん、友達にも同じことをします。

友達の愚痴ももちろん聞きます。

だってそれが優しさだからね。

ところが!

愚痴を聞くのは、優しさではなかったんです!!!

衝撃!!!!!!

メンタルコーチングを学んで、知ったことは、

愚痴を聞くのは優しさではなく、

その人が、自分がダメだと思っていることを

うんうん!そうだよ!アンタダメよ!

って、後押ししちゃってることになるんです。

衝撃!!!!!!!!!!

今まで良かれと思って聞いてきた、数々の愚痴。。

結果、その人のダメさを認めてきたなんて!!

もちろん、愚痴ってる本人は、

そんなことは思ってないんですよ。

ありがとう聞いてくれて!爆笑

スッキリした!!

って、みんな言ってくれましたもん。

では、なぜ、

愚痴を聞くのは優しさではないのでしょうか。

明日からその理由を

紐解いていきたいと思います。

お楽しみに♫

関連記事一覧

最新の記事